コロプラのランキング不正操作について思うこと

今回はこの件の話。

コロプラ、サクラを使ってランキング順位を操作

記事には
「850万程度ではランキングでトップにいけない」
と擁護意見もありますが、厳密に言うとランキングを操作するのが目的では無いと思います。

売上ランキング上位に居れば当然目立ちますが、売上を水増しする理由はそれだけじゃありません。

僕はappleユーザーじゃないので間違っていたら申し訳ないですが、機械学習アルゴリズムの攻略を目的としているはずです。

この手のモノは、
売上があがれば、AIが「このゲームは売れる」と学習して、まだダウンロードしてないユーザーに「オススメ」として紹介します。

「売上/ダウンロード数」という数値を不正に上げる事により、「課金回収効率が高いゲーム」とアルゴリズムに誤学習させて、DL数を稼ぐのが真の狙いのはずです。

 

スマホゲームに限った話ではなく

パチスロのインターネット関連も同じです。

例えば某白塗りワーナーさんの本が「Amazon書籍ランキング1位」を取ったそうですが、Amazonの本のランキングって過去24時間の集計値ですから、Twitterなど自分のメディア煽って短期間ブーストをかければ自演で買わなくても1位を取れたりします。

僕ですらブーストをかけなくてもカテゴリー1位くらいは取ってますので、ネットである程度有名な人なら難しい話ではありません。

そういったのを上手くやれる人が稼げる時代です。

youtubeの試聴再生数や登録者数を稼ぐのも、Twitterでフォロワー数を稼ぐのも、ブログのPV数を伸ばすのも全てアルゴリズム攻略にかかっています。

そのため、コンテンツの価値やその人の実力が反映されるわけではありません

 

アルゴリズムは日々変わるので、やがてふるい落とされます。

そんな中で残った人がホンモノという事です。

ブログでも5年以上飯が喰えるレベルで稼げている人は殆ど居ないと思います。

アルゴリズムの乱れにより、一瞬だけ労働月収を超える人は過去にも沢山居ました。

でも「それが当たり前」だと思ってしまうと、下がった時にメンタルが崩壊してしまいます。

youtubeもアルゴリズムを攻略して大きくなったパチスロ媒体は将来的にどうなるでしょうか。

僕は殆ど見てないので「登録者数&再生数」と「実際の中身」とのギャップについてよく解りませんが、近い将来是正されると思います。

それで崩壊してしまう媒体が出てくればメシウマなのですが(^o^)。





関連サイト

ぱちとろ速報(パチンコ・スロットのまとめサイト)
ぱちとろ速報TOPへ

メタボ教授の競馬ブログ
メタボ教授の競馬ブログトップへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ