パチスロブログ・サイトのPV数激減、これからどうするよ?!

youtuberの桜鷹虎さんが、このご時世でも新台の撮影をやってて炎上してまして・・・。

個人的には過去記事で書いた通り、「営業自粛要請が出てない地域に住んでいるなら批判は筋違い」だと思いますが、目撃情報などを整理する限り、営業自粛要請が出ている地域に住んでいるみたいです。

 

ホールが厳しいのは当たり前の話ですが、youtuber、パチスロブログ・サイトも厳しい状況となっております。

期待値見える化さん、アクセス数はコロナ前の約85%減だそうです。

 

最短でも5/6までは更新を自粛して、その後も有料NOTEがメインになるかもとの事。

自粛の理由: 射幸心を出来るだけ煽らないようにするため
現在のコロナ情勢を踏まえて、ハイエナ情報であろうとも射幸心を煽るような発信はしばらく控えようと思っています。

「●●の天井狙いが激アツ」といった表現は単純に使わなければ済む話ですが、花伝みたいに突き抜けたハイエナ台では天井期待値そのものが射幸心を煽る情報になるし、ホールにわざわざ足を運ぶきっかけになり得ます。

それを僕が無料で公開してしまうと、引用してくださる他サイトさんも含め数十万人規模で情報が拡散してしまう……。

もしその中の1%でもホールに足を運んでしまえば、パチンコ業界だけでなく社会全体にとって不利益が大きすぎます。

徘徊・張り付きによって無駄にホールの滞在時間を増やしてしまう可能性もあるし、スロットを打つために、他県に遠征なんてされたら最悪…。(絶対にやめましょう)

もちろん、勝つための情報を発信しているブログの性質上、100%射幸心を煽らないのは不可能です。
出典:https://slotjin.com/news/567/

一方で僕は通常営業です。

そのため、「パチンコ店と一緒で、サイト更新を自粛すべき」という意見を頂きました。

もちろん自粛してもいいのですが、僕は「期待値が見える化」さんと違ってPV数が85%も落ちてないので、こうなります。

「氏ね」が8割超えると思ったのに(´;ω;`)皆様やさしいなあ




持続化給付金制度

本日国会を通過して確定したコロナウイルスにおけるフリーランスや中小企業の救済策です。

サラリーマンの方々は対象じゃなく、制度自体興味が無いと思いますが解説しておきます。

point・2019年の売上高が基準で、2020年の売上高が前年度比50%以上減少した月があるのが給付の条件

・2020年1月から2020年12月のうち、条件を満たしたひと月について事業者が選択できる。

・給付額:前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

・中小企業は最大200万、個人事業主は最大100万、ただし申請は1回のみ。

・確定申告書・帳簿・銀行通帳などを参考に審査するので、確定申告してない不届き者は門前払い

 

ポイントは「売上が前年比より半減しないと給付対象外」という部分です。

利益ではないので、経費で誤魔化す事は不可能ですし、アフィカスの場合は機械的に売上が計上されるので、不正は無理となります。

給付金が欲しいのなら、活動を休止するなどして、収入を減らすしかありません。

 

期待値が見える化のだくおさんは、普通に更新しても満額貰えるはずですが(サラ番2の情報を更新しても、打てる人が少ないので)、嫌らしい話、この給付金欲しさに活動を休止する人も居ると思います。

言うまでもなくサクライター・来店演者の皆様も給付対象者となりそうです(ヽ´ω`)飯がマズイ。

一方で、桜景虎さんみたいに無理矢理活動する人、youtubeライブなどで投げ銭で稼いでいる演者さんって、この制度を知らない可能性があります。

 

ちなみに僕の場合、売上が前年比50%の月は無いので、今の所は給付対象外です(´・ω・`)利益は50%減ですけど。

この先、売上が50%を切る月もあるかもしれませんが、計算式に当てはめてみる限り、1ヶ月丸々更新を止めなければ満額の100万円は無理となります。

 

そもそも、持続化給付金制度、コロナウイルスで困窮している人、もしくはコロナ対策で活動を自粛している人向けに制定されたものですから、コロナの影響が少ない僕はなるべく受け取らないように頑張るつもりです。

ブロガーさんやyoutuberさんは対象に入っているかもしれないので、持続化給付金制度を調べてみて下さい。

といった感じで、僕は通常営業をしていますが、ブログ業界の再編が進みそうです。

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ