ハーデスが闇スロで流行る可能性

今年の年末年始は5号機撤去の影響で、闇スロの稼ぎ時になるのでは?!と言われています。




 

「ウチではまだアナゴハーデス打てるよ」

パチンコ業界関係者が“闇落ち”することも……

今年の年末年始は「闇スロ店」にとっては、稼ぎ時なのかも知れない。

本サイトのパチンコ関連記事で何度も書いているように、2018年2月の法改正により、今年の年末までに多くの人気パチスロ機がパチンコ店から撤去されることになっている。

それらのパチスロ機をどこからか入手し、「ウチではまだハーデス打てるよ」とか、「初代まどマギあるよ」とか、声掛けしてくる場合もあるだろう。「闇スロ店」でしか打てない(ゲームセンターでは遊べるのだが…)目玉機種は図らずとも集客効果を発揮してしまう。

またあってはならない事ではあるが、パチンコ業界関係者が「闇スロ」に身を落とす場合もある。

昨今のパチンコ業界の厳しい状況を考えると、閉店するパチンコ店や、倒産する関連業者がいくつも出てくる可能性は高い。彼らであれば、パチスロ機の入手は容易であるし、背に腹は代えられないと違法行為に手を染めることだって考えられるのだ。実際に摘発されている「闇スロ店」の関係者の中に、パチンコ業界関係者がいたこともある。

業界は闇スロ撲滅に乗り出している

一方でパチンコ業界側は「闇スロ」の一掃に向けての取り組みに力を入れている。

警察庁の後援を得て「闇スロ撲滅宣言」というHPを開設、注意喚起や情報提供等を呼び掛けている。過去の4号機撤去の時には、多くの4号機が闇スロ市場に流れたという事実もある。今回の5号機撤去の際には、そのような事はさせないと、業界側は強く意気込んでいる。

「闇スロ」だけではない。

違法カジノや賭け麻雀等、違法なギャンブルには、人を吸い寄せる魔力がある。魔が差したでは済まされない、取り返しのつかない現実が後から襲って来ようとも、文字通り後の祭り。年の暮れ、くれぐれもお気を付けを。

出典:ハーバー・ビジネス・オンライン

 

 

 

闇スロ撲滅の取り組み

回胴遊商も認定期限切れの5号機が闇スロに流れることを警戒しているようです。

平成30年2月1日に改正規則が施行され、5号機は経過措置が設けられ残存する有効期間内の設置が認められているが、有効期間が過ぎたものは、即時撤去となり、多くの使用済み回胴式遊技機の発生が想定され、今年度は秋以降、ホールの稼働を支えている多機種の認定機(5号機)が認定期限を迎え、順次、撤去されることになる。そこで、撤去された5号機が回胴式遊技機を流用した賭博行為、いわゆる「闇スロ」へ意図せず流出してしまうことを防ぐため、支部会等で組合員が遊技業界外の者へ撤去された5号機を売却する場合には、購入者の使用目的を必ず確認してから売却するよう意識の変革を促す。これに加え、最終機歴の把握に必要なリサイクル管理票の厳格運用の実施に向け、昨年実施したリサイクル管理票の運用等に関する調査の回答にあった改善の要望を可能な限り取り入れた後、ルールを明文化するための検討を進めてリサイクル管理票の使用率及び提出率の向上を図る。

また、リサイクル業者から、リサイクル選定業者への推薦依頼があった場合、多項目にわたる総合的な評価基準に基づいて、業界団体で構成するリサイクル推進委員会において確実に選定されるよう指導と助言を行い、使用済み遊技機の適正リサイクルの強化を図る。

出典:回胴式遊技機商業協同組合

 

遊技機取扱技能研修センターというものが今月設立されましたが、これにも闇スロへの流出を防ぐ狙いがあるのかもしれません。

一般社団法人遊技機取扱技能研修センターは10月10日、都内東上野の東遊商会議室で設立記者会見を開催し、設立目的と今後の方針などを明らかにした。

設立されたセンターは、これまで東遊商が組合員企業に所属する遊技機取扱主任者に対して行っていた遊技機流通に必要な点検技能と教養習得のための教育事業を、第三者の独立した立場で行うための機関。10月1日付で設立され、代表理事には元警視総監の井上幸彦氏が就任し、理事には元日遊協専務理事の篠原弘志氏と東遊商理事長の中村昌勇氏、監事には弁護士の坂東司朗氏が就いた。

会見で井上代表は、「遊技機取扱主任者がホールで安心かつ安全にご利用いただける遊技機を提供するために必要な技術を習得し、不正改造の根絶、遊技機の適正な流通に必要な情報とスキルを兼ね備えたプロフェッショナルを育てるための機関として設立した。今後、事業が軌道に乗った際には、この動きを全国に広めていきたいと考えている。日遊協、日工組、監督官庁のご協力をいただきながら、ホールからもメーカーからも必要とされる取扱主任者を育成し、遊技機の健全な流通と業界の健全な発展に貢献していきたい」と述べるなどした。

また、隣席した中村理事は、「これまで東遊商内で行ってきたことを切り離し、第三者機関でしっかりとした研修を行い、物流の仕組みなども理解した上で業務に携わっていただこうというのが我々の目的。センターでの講習後に考課査定を行い、あまりにも得点の低い人には再度、講習を受けてもらうなどするが、これらはこれまで東遊商内で行ってきたことと変わりはない。ただ、講習に加えて今まで以上に丁寧な技術指導を行うので、必ずスキルアップを図れるものだと思っている。他団体からも認められる取扱主任者の育成を図っていきたい」と述べた。

出典:遊技通信web

 

5号機って需要あるの(・・?

4号機だろうが好き勝手やっている闇スロにおいて、5号機の需要なんて無いような気もします。

確かに5号機の方が演出はいいものの、出玉スピードが桁違いです。

それとハーデスはまだしも、まどマギやバジ絆は設定ありきなので、闇スロで打って楽しいのかな(・・?と思います(実際に闇スロへ行ったことが無いので知りませんが)。

 

闇落ちして一番危ないのは

5号機ジャグラーでしょう。

レートを好きに変えられる以上、いびつなAT機よりもシンプルな台の方が中毒性が高いはずです。

1枚2000円で1BET6000円のジャグラーなら、重度のギャンブル依存症である僕でもヒリつきます。

合法的に連チャン性能を有する沖ドキも危険です。

 

店自体が闇落ちする可能性も

ハーデス・初代まどマギ・バジ絆・モンハン月下など認定が切れますが、撤去しない店も一定数あると考えられます。

みなし機を稼働させて厳罰を喰らった事例が殆ど無いからです(僕が知る限り)。

「警察から怒られたら電源落とせばいい」としか考えてないホールも一定数あります。

闇スロに人材流出どころか、閉店してそのまま闇スロとして開業するホールもあるかもしれません。

仕事が無くなった来店演者を店長として雇い、煽るだけ煽って捕まるまでやりきるような事例が無いよう祈ります。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ