保通協が意図的に不適合を出していた件

パチンコ・パチスロの台の性能を試験するための指定機関である保通協ですが、新基準になってから不適合が多くなったと言われています。

「おかしいじゃねえか」

とメーカーが抗議していると噂を何回か見ましたが、具体的に何がおかしいのか、下記のような話が出てきました。

 

これにはビックリです。

本当の話なら史上最大の不祥事だと言えるでしょう。

 

保通協の試験が通りやすくなったという噂がありましたが、

保通協の試験が通りやすくなった

元々トンデモナイ事をしていたのが正常に戻っただけなのかもしれません。

 

こういう情報も

山本さんのツイートのやり取りに下記のような記載がありました。

えっ、試験は17500G固定が原則じゃ無いのですか?!。

利根川さんみたいな屁理屈が通用する事って、かなりの問題だと思います。

何故なら、保通協は落とせば落とすほど、試験料が儲かるからです。

保通協の試験は値下げされたものの、1回163万となります。

つまり意図的に落としていたのなら、大問題だと言えるでしょう。

責任の所在を明確に

これ国会議員がどうこうしてもらうというレベルでは無いと思います。

普通に犯罪です。

警察の関連組織なので、捕まらないのでしょうけど、こんな事を許してはいけません。

メーカーだけではなくホール側も抗議すべきだと思います。

現行機の認定が切れる2021年問題も再検討させるよう、行政だけではなく司法面からもアプローチが必要です。

追記:真相は解りませんが、ガセという情報もありました。





関連サイト

ぱちとろ速報(パチンコ・スロットのまとめサイト)
ぱちとろ速報TOPへ

メタボ教授の競馬ブログ
メタボ教授の競馬ブログトップへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ