パチンコ店に行ってもコロナウイルスに感染しない謎の安心感

まとめの方でこういう記事を上げましたが、パチンコ店で集団感染が起こらない理由は何なのでしょうか。

 

確かに、騒音攻撃や光線攻撃やタバコ攻撃にもビクともしない我々パチンカスには十分な免疫力が備わっている可能性も十分にあるでしょう。

という事で、今日も元気にホールへ行ってきました。

ワニですら100日で死ぬのに、どうしてメタボ教授は何年も生きているの?

と揶揄されそうですが、感染者が出た地域ではないマイホは何ら変わらない光景です。




パチンコ店は感染しにくい

という建築士の意見もあります。

3月9日、政府の新型コロナウイルス対策に関する専門家会議は、集団感染が確認された場所に共通する以下の「3つの条件の重なり」を公表しました。

①換気の悪い密閉空間
②多くの人が密集
③近距離での会話や発声

つまり、この3つの条件が重なった場所は感染のリスクが高まるということであり、日常生活の中で避ける行動をとるよう、国民に呼びかけています。

さて、この3つの条件ですが、誤解を恐れずに言うとそのすべてが該当しない施設がパチンコホールです。以下に、その理由を説明します。

①換気の悪い密閉空間
パチンコをしない人からすると、パチンコホールはタバコの煙などで空気が汚く、環境が悪いというイメージがあるかもしれません。しかし、喫煙ができる環境(ただし4月1日からは原則禁煙)であるが故に、じつは「商業施設のなかで最も換気が行われている空間」といっても過言ではありません。

一般報道での専門家の発言では、換気は1時間あたり1回以上が望ましいとされています。それ以下は密閉空間と定義されることになりますが、パチンコホールの換気回数は1時間あたり6~7回。私の設計するパチンコホールでは、来店客すべてが喫煙者と仮定し、1時間あたり7.5回で計算して空調機器を設定しています。これは、日本だけでなく世界的にみても際立って換気回数が多い施設であると言えます。

②多くの人が密集
専門家会議の見解のなかで、集団感染が確認された場所として挙げられているライブハウスや展示商談会等と比較して、人口密度はパチンコホールの方が明らかに低いと言えます。遊技機1台に対して1人が着席して遊技するのがパチンコホールであり、人同士が密着することはないからです。また、郊外型の店舗は天井高もあり、体積からみても1人あたり広く確保されています。

③近距離での会話や発声
これも②同様、遊技機に対面して1人で遊技するのがパチンコです。

人同士が対面して会話する場面は極めて少なく、他の商業施設と比較しても該当しないことは明白です。店舗によっては台間パーテーションを設置しており、さらに感染リスクは低くなります。

以上のことから、屋内の商業施設として考えたときに、パチンコホールは環境的に他の施設と比べて集団感染のリスクはむしろ低いということが分かります。新型コロナの問題に絡み、パチンコホールに対するあらぬ誤解が広がらないことを強く望みます。
出典:https://web-greenbelt.jp/post-36722/

 

パチンコ店にもピンからキリまであるので一概には言えないでしょうけど、施設投資を十二分にやってきたのが功を奏している形だと考えます。




今後の見通し

相場を見ても解る通り、世界的に見るとコロナウイルスの騒ぎは日に日に大きくなっています。

当面騒ぎが収まる事は無いでしょう。

いくら感染リスクが少ないとは言っても、パチンコに行くこと自体は「不要不急の外出」であり、他の娯楽同様に営業自粛が求められる危険性も十分です。

 

ただ、個人的には、いきなり営業自粛ではなく、中間的な対応があってもいいと考えます。

まとめで紹介しましたが、新潟のダムズさんは「入店時はマスク着用とアルコール消毒が必須」というルールで運用しているそうです。

新潟のダムズさん「入店時はマスクとアルコール消毒が必須」というハウスルールを発表しました。
入店ルール

出典:http://p-media.info/post-23981/

 

他の業界でやっている事ですが、これに加えて、非接触式体温計を使って、37.5度以上の人は入場禁止という対応もアリだと思います。

 

コロナウイルス自体、まだよく解っておらず、今後も沢山のデマが出てくるでしょう。

反パチンコからの攻撃も続くはずです。

状況の変化が起こっても、冷静に対応する事が求められます。

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ