高齢者が運転する車がパチンコ店に突っ込んだ件について

パチまとめの方でも紹介しましたが、今回は下記の件。

24日午前、松本市のパチンコ店で、駐車しようとバックしていた72歳の男性の乗用車が車止めを乗り越えて、店のガラス張りの壁に突っ込みました。
けが人はいませんでしたが、警察は男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて調べています。

24日午前10時20分ごろ、松本市市場のパチンコ店、「マルハン松本店」の駐車場で、塩尻市に住む72歳の男性が運転する乗用車が店のガラス張りの壁に突っ込みました。
警察によりますと、男性は店の駐車場でバックして駐車しようとしていましたが、車止めを乗り越えて、後ろ向きのまま突っ込んだということです。
当時、事故現場の近くに人はいなかったためけが人はおらず、また、運転していた72歳の男性にもけがはないということです。
この事故の影響で店の外に設置されていた水道管が壊れて水が噴き出し、周囲が一時水浸しになる被害があったということです。

警察は、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて詳しく調べています。
現場近くのガソリンスタンドに勤務する30代の男性は、「ドーンという大きな音が聞こえたので玉突き事故かと思ったら、車がガラスを突き破って店舗に突っ込んでいてびっくりしました」と話していました。
SnapCrab_NoName_2019-6-24_23-2-41_No-00

SnapCrab_NoName_2019-6-24_23-3-27_No-00

SnapCrab_NoName_2019-6-24_23-3-7_No-00

出典:https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190624/1010009120.html




免許返納を言う前に

こういう事件があると「免許返納をしろ」という声があがります。

でも本人にとって生活に必要だから車を運転しているわけ。

「一定年齢になれば乗れなくする」という議論をする前に、車に乗れなくなった高齢者をどうするか?という議論をしなければいけません。

僕の意見としては
「電動カートの推進(法整備や道路整備)が現実的」
だと考えています。

現状の電動カートの出力だと急坂は登れません。

歩道の整備が進んでいない事も問題だと考えています。

電動カート推進ではなく、車の性能を落とすというのも1つの手段です。

高級車のような加速性能は必要ありません。

車の性能を落としても事故件数は減らないと思いますが、被害は軽微になるでしょう。

パチンコ店はどうするの?

とは言え、現実的には「宅配スーパー」や「介護タクシー」の需要が伸びると考えられます。

高齢者が家から出なくなったら、パチンコ店はどうするのでしょうか。

どのブログだったか忘れましたが、
「会員データを分析した結果、一定の年齢に達すると。ホールに来店しなくなる傾向がある」
という記述を見たことがあります。

今回の件を見て「72歳になっても、まだ元気にパチンコ店に行くのかあ」と感じました。

パチンコ自体は80歳になっても全然打てると思いますが、店に行くまでが大変です。

 

先日、こういうツイートを紹介しましたが、

今後は、高齢者が介護タクシーを使ってまで行く動機づけが必要だと思います。

もしくは年金支給日のみ無料送迎バスを運行するとか(・∀・)。

もしくは病院を併設するとか(´・ω・`)僕もお世話になります。

ああそういえば、病院の近くでパチンコ店は営業不可でした・・・。




 


関連サイト

ぱちとろ速報(パチンコ・スロットのまとめサイト)
ぱちとろ速報TOPへ

メタボ教授の競馬ブログ
メタボ教授の競馬ブログトップへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ