マジハロ7はカボチャンスが大幅リニューアル

12/2にリリースされるマジカルハロウィン7は、これまでのシリーズと結構違う台に仕上がっているようです。

まず今作はAT機ですが、カボチャンスの純増は1枚~3枚に抑えられています(疑似ボーナスは純増5枚)。

その替わりSTの性能を持つようになりました。

 

試し打ち&PV




STリセット率は設定1で1/170ですが、従来のセット数上乗せやキンカボなどもあります。

ゲーム性がややこしくなったようにも見えますが、基本的にはこれまでのマジハロARTにSTの概念が加わった感じのようです。

 

スペック

まどマギ叛逆と一緒で疑似ボーナスからATにつなげるタイプです。

引用元;ちょんぼりすた様

コイン持ちは約51G/1k程回り、更に天井は573G+aと浅い天井仕様となっております。

天井G数の覚え方はコナミ(573)と語呂合わせで簡単に覚える事ができ、天井までの最大投資額も1.2万円程度で納まるとの事。

まどマギ反逆と比較してATの初当たりは遠いものの、その分出玉性能は若干高くなっていると予想出来ます(コイン単価もマジハロ7の方が若干上です)。

カボチャンスの純増を低くした事によりATが伸びる作りなら、基本「ホーリークインテット+100枚駆け抜け」のまどマギ叛逆より面白そうな気もしますが果たして。


この記事を書いた人
スロとろニュース解説委員

Twitter:@patisurotty
解りやすい記事になるよう努力いたします。
中の人は日によって違うかもしれません。
「当ブログの新着・トップページへ」


こちらの記事もどうぞ


スロとろ特盛オープンしました

ファーストクラスのパチ&スロニュースサイトを目標に毎日更新。
トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ


スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ