6.1号機における出玉面の緩和ってNGになったの?!

パチスロ界隈ではこういう話でもちきりですが、

 

バジ絆2につきましては、情報が出揃ってからまた改めて記事にします。

追記:

 

取り急ぎ気になったのは、この時期に出してくるので6.1号機では無いのでは?!という点です(持ち込みから適合まで時間がかかるので)。

それに関連して、こういうツイートを見ました。

これまでの情報だと

6.1号機の緩和
・疑似遊技の復活
・ビデオリールの復活
・ペナルティの復活

の3種類があがっていたものの、現状緩和されているのは疑似遊技だけみたいです。

そういえば「6.1号機はまだ正式決定ではない」というツイートも何処かで見た記憶があります。

「ペナルティの復活により通常時のベースが下がる」と予測されていましたが、まだ認められてないのならバジ絆2を含め今後出てくる台も期待薄です。

疑似遊技が復活しても、カウボーイビバップみたいな台なら寧ろクソ化するでしょうし・・・。

認められないのは

政治的な圧力が足りないからでしょう(・∀・)本当かよ。

今年に入ってから
「射幸性の高さとギャンブル等依存との因果関係が科学的に立証されているとは言えないことを踏まえ、科学的な知見を蓄積しながら、制度や実務運用が客観的に合理的なものになるよう、必要な見直しを検討すべき。台の性能を狭める事が依存症対策とはならない」
と国会議員を通じて主張しているはずですが、警察は聞く耳を持たないように見えます。

6号機のレギュレーションはノーマルタイプが一番割を喰らったように、パチンコとパチスロの仕様の違いも理解してない人が決めたはずです。

当時のパブリックコメントも本当に正しく運用したのか極めて怪しいので、その追求から始めるべきではないでしょうか。

本当は一連の規則が正式決定&運用される前に徹底抗戦しておくべきでしたが、今からでもやれる事はやっておいた方がいいと思います。

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。 スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ