牙狼コレクション(Aタイプパチンコ)がどう見てもコケそうな件

「Aタイプパチンコ」としてパチスロのノーマルタイプを意識した牙狼コレクションという台が登場します。

スペックはノーマルタイプのように確変ナシかと思いきや、少し違うようです。

時短などの電サポは一切ありませんが、潜伏ST50回があります。

イメージ的にはスロットAタイプのようなパチンコで、潜伏STがあることによって意図的な連チャンが起こるシステムになっています。

潜伏ST突入率はトータル20.3%で、2R当り後は潜伏ST確定となっています。

10RはBIGBONUS、3RはREGBONUS、2RはGAROガチャBONUSとなっており、GAROガチャBONUSはラウンド消化中にガチャを引き、Vが出れば10R昇格となり、V以外で出たキャラには設定示唆要素があるようです。

ここで昇格しなかった場合は、大当り後50回転の潜伏STとなります。

超ドデカスタートというゲージ構成ですが、スタート釘が打ちこんである根本の幅がめちゃくちゃ広くなっていて、もはや釘調整でスタートを変動させられるようなレベルではありません。

つまり、完全に設定のみで出玉をコントロールするパチンコということになります。

出荷時のゲージでは千円スタートは38回以上とめちゃくちゃ回るんですが、スペック的に低設定はかなり辛いようです。

確変で大連チャンという展開がないぶん低設定では安定して負けるということになるかもしれません。

出典:https://katigumi.net/2019/09/08/post-5060/

 

2Rだと潜伏ST確定ですが、引き戻し率はそこまで高くないので当たってもそこまで嬉しくありません(設定1だと引き戻し率は約43%で、電サポがないわけですから)。




ちなみにヘソはこんな感じで大きいです。

ヘソ動画

まあ、ヘソが大きくても寄りで削れば関係ないですよね(´・ω・`)。

それともアメリカのパチンコ店みたいな曲げ方をする店が現れるのでしょうか。


現段階の評判はよろしくない模様

業界関係者の方々の反応はこんな感じです。

 

本当おっしゃる通りで、出玉の破壊力こそが牙狼のブランドなのに、真逆の方向性となっています。

Aタイプパチンコというのは、釘さえ無くせば甘デジより面白くなる可能性があるものの、少なくとも牙狼以外の版権でやるべきです。

サンセイさん経営大丈夫?

そういえば年明けにこんな記事を書きました。

「ZOZO前澤さんのような詐欺師マーケティングをやってたら、パチンコ業界も終了しますよ」といった内容でしたが、前澤さんの方が先に逝ってしまいました。

おそらく資金繰りが怪しいのにもかかわらず1億円配ったので、銀行が債権の回収を急いだのだ考えられます。

今回の買収により「前澤さんに数千億の売却益が入る」と勘違いしている人も多いですが、既に手持ちの9割以上の株を借金の担保として銀行が差し押さえている状況です。

サンセイさんも
・TUSKOFGODの回収の件
牙狼冴島鋼牙の不振
で焦っているのかもしれませんが、こんな安易な牙狼を出していては自分の首を締めるだけでしょう。

Aタイプのパチンコを作りたいなら、
北電子にジャグラーのGOGOランプを貸りて、

・釘非搭載

・液晶非搭載

・ヘソ付近にGOGOランプを配置して、ペカったらドラムリールが回ってBIGかREGかの告知

というシンプルなもので良かったと思います(北電子が許可しないでしょうけど)。


この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@patisurotty
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」


こちらの記事もどうぞ


関連サイト

ぱちとろ速報(パチンコ・スロットのまとめサイト)
ぱちとろ速報TOPへ

メタボ教授の競馬ブログ
メタボ教授の競馬ブログトップへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ