ディスクアップのビタ押し選手権が面白そうな件

サミーの夏のファン祭りで「ディスクアッパー選手権」という大会が開かれます。

ビタ押し技術を競うものですが、その内容が面白そうだったので記事にしてみました。

 

大会はBIG中の上乗せゲーム数を競います。

ポイントはビタ押しの結果によりREADYカットインの発生率が変動する事です(モード管理)。

リール2周以内にビタ押しすればモードUP。

 

モードは4段階で、筐体枠ランプでの示唆があります。

 

またビタ押しは1コマを判定するのではなく、更に細かな3段階のビタ判定があります。

1BIGで何ゲーム乗せたかを競うわけです。

 




出典元動画

 

ディスクアップのビタ押し成功率が50%行くかどうか怪しい僕は参加する気ナシですが、初めてこの手の大会を「見てみたい」と感じました。

ビタ押しって、上手い人は簡単に決めてしまうので差がつきにくく、こういう「速さ・正確さ・メンタル」が求められる仕様は、エンターテイメントかつスポーツとして成立しそうです。

参加方法解説:ディスクアッパー選手権が開催

 

せっかく開発したのですから

毎年大会を開けばいいと思います。

何なら地方予選もやって下さい。

更に2021年のディスクアップ撤去回収後に部材を使って、セガから玩具として再リリースしてみてはいかがでしょうか。

SASUKEで言うところの山田勝己さんみたいな人が一定数出てくるはずなので、話題性は十分だと思います。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ