おだち源幸氏落選の原因を分析する

パチンコ業界が族議員候補として送り出した、おだち源幸氏が落選との事です。

出典:https://www.asahi.com/senkyo/senkyo2019/san/kaihyo/C01.html

個人的には
「関係者の皆様、お疲れ様でした」
「次の選挙、頑張って下さい」
としか言いようが無いですが、おそらく同じことをやっていては次回も受かりません。

ユーザー側(業界の外に居る人間)の視点から今回の敗因を分析します。

 

パチ業界従業員に危機意識がない

おだち氏が獲得した票数は想像以上に少なかったです。

パチンコ業界が「全日本遊技産業政治連盟」を設立した意味が、全従事者に伝わってない結果だと言えます。

「今回の選挙に負けると将来的な雇用が危ない」

と言い切れるくらいの状況だったはずですが、ホールもメーカーも決算書を読む限り体力的に余裕があるのが現状です。

従業員には「おだちさんが当選しないと数年以内に会社が潰れる」という危機意識が無かったはず

 

考えてみて下さい、会社の上司から
「選挙で◯◯氏を入れてくれ」
と言われたくらいで、貴重な休みを潰してまで選挙に行きますか?

会社や上司に不満を少しでも持っていたら、従うわけがありません。

 

ちなみに今回自民党で比例代表トップの票を集めた柘植芳文の陣営はこんな事をやっていました。

 

パチンコ業界に「このような汚い真似をやれ」とは言いませんが、上から社員にお願いするだけでは組織票なんて形成出来ないのです。

店内や事務所内にポスターを貼っただけでは不十分だと言えます。

最大の悪手

過去記事にも書きましたが、

「メーカーとホールとサクライターとユーザーは立ち位置が違うので、全てに媚びようとするとボロが出る」

という部分が理解出来てないように感じました。

 

特にPAAやサクライターと絡んだ事は最大のミスでしょう。

このブログや僕のまとめ・他所のまとめのコメント欄、ユーザーのツイートを見て下さい。

おだち氏に媚びるライターさんや演者さんへの批判が溢れ返っています。

そりゃそうです。

おだち氏が当選したら、触法行為をやっている連中のために規制を緩和するのではないか?

とユーザーは疑ってますから。

そこに対する説明が全くありませんでした。

特におだち氏がTwitterで演者やライターの投票発言をリツイートして感謝を述べたのが致命的な過ちだと言えます。

おだち氏のTLには演者やライターの応援ツイートが溢れ、おだち氏がフォロー返しをしているのも、そういう人ばかりです。

これにはおだち氏に投票した僕も呆れ返ります。

 

「おだち氏は1GAMEのような反社会的勢力を持ち上げるのか?」

と苦言を呈して暴れようかと思いましたが、パチンコ業界に忖度して、選挙が終わるまで黙っておきました。

 

結局の所、おだち氏のパチスロアカウントは凍結しましたが、通報した犯人はおそらくおだち氏のツイートを見て不快に感じたユーザーでしょう。

 

そもそも、ホール関係者だって演者やライターを敵視している人が多いと思います。

何故なら来店取材や来店イベントをやっているホールは、軒数にすればそこまで多くないので。

イベントをやらない店からすれば、焼畑農業的な集客をしている連中を快く思うわけがありません。

その結果が今回の票数につながったと分析しています。

 

ちなみに演者やライターがおだちさんを応援するのは悪いことではありません。

業界で飯を喰っているなら、寧ろ当たり前の行動です。

今回応援しなかった演者やライターは業界から追放すべきでしょう。

 

でも、おだちさんは演者からの応援を表向き無視しないといけませんでした

無視出来ないのなら、バランスを取って来店演者やライターに批判的な側の人間としっかり向き合って対話すべきでした。

 

Twitter外へのアピールも必要

ユーザーが居る場所を考えれば、Twitterだけだと不十分だと言えます。

「youtube」・「ライブドアパチスロカテゴリー」・「にほんブログ村」へのアプローチが殆どありませんでした。

 

特に近年大きく伸びているyoutubeを軽視したのが敗因の一つだと断言出来ます。

アントニオ猪木さんとの動画は悪くなかったですが、

 

茶番過ぎて効果は・・・(僕は好きですが)。

ユーザーの心に残るのは言うまでもなく「ホール実戦動画」です。

そこまで制作する時間が無かったのかもしれませんが、次回の選挙では用意しておいた方がいいでしょう。

次回までの準備

重ねて言いますが、僕が巡回する限り、一般ユーザーからは批判の声ばかりでした。

一言でまとめると

「抱き合わせ販売が出来るからといって手抜き台を出すメーカー、釘を曲げてボッタクリ営業のホール、触法行為を繰り返す広告代理店、どいつもこいつも法令を守らないのに国政に打って出るとか日本国民を舐めてんの?」

という話。

パチンコ業界は概ねユーザーを見下していますが、ユーザーは社会人であり、選挙権は平等にある事を理解しなければいけません。

次回の選挙で勝つには
・業界の組織票を固める
・ユーザーの票を取り込めなくても、批判が出ないように対策する
の2点がポイントとなります。

今から準備しても早すぎる事はありません。




こちらの記事もどうぞ


関連サイト

ぱちとろ速報(パチンコ・スロットのまとめサイト)
ぱちとろ速報TOPへ

メタボ教授の競馬ブログ
メタボ教授の競馬ブログトップへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ