牙狼冴島鋼牙の釘を締めすぎ問題

「新台の牙狼の釘の状態が悪すぎる」といった声を2CHやTwitterなどでよく見かけます。

 

ボッタ・・・

先日はこういう記事を書きましたが、

追記で書きました通り、

とある業界関係者の方から
「SISでの数字は全然甘くないですよー」
とご指摘を頂きました(具体的な数字は書けませんが、主要機種の新台期間とは思えないレベルで抜いています)。

僕が普段パチンコを打つ店だとそんなに目立ったマイナス調整はありませんでしたが、ボッタクリ店に行ってみると、確かに酷かったです(ハンマーで割られても仕方ないレベル)。

僕の記事を読んで、糞釘を打って負けた方には心よりお詫び申し上げますm(_ _)m。

サンセイは悪くない

悪いのは釘を曲げたホール側です。

メーカーは今後も甘い台を作るべきだと思います。

酷い釘にしないと暴利を取れないような初期ゲージにしておけば、ボッタクる店が目立つわけです。

そういったホールは潰れて構いません(# ゚Д゚)。

 

根本的な話をすると、釘を無くした台が必要です。

パチンコの粗利もスロと同等まで強制的に落とせば、ユーザーは戻って来ると思います。

管理式遊技機(封入式)にしなくても、現規則でもそういう台が通るはずですが、早く試しに作って欲しいです。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ


';})();}catch(e){console.error('bc_62b13db00d8b12fc7f81f1f6091fd512.error: '+e.message);}