パチンコ笑点の釘曲げ対策について

まとめの方でも紹介しましたが、世の中にはこんな酷い削りをする店があるそうで・・・。

 

釘の見方については以前の記事をご参考下さい。

 

写真の角度だと解りにくいのですが、おそらく下記のように釘を曲げて、赤◯部分への侵入を防いでいるように見えます(間違っていたらスミマセン)。

こういうボッタクりが何時まで続くのでしょうか・・・。

 

笑点の釘

それで本題なのですが、P笑点の試打動画の中に下記のようなコメントがありました。

 

笑点は通常時も右打ちです。

実際動画を見てみますと

確かに特殊な構造になっています。

 

一般のお客さんには伝わりにくいとは思いますが、面白い試みです。

理想は「釘を曲げたら扉が閉まらない構造にする事」もしくは「釘を曲げれないように囲ってしまう」事だと思います。

釘を無くすのがユーザーから信頼を取り戻す第1歩ではあるものの、「釘がないパチンコはパチンコじゃない」という人も一定数居るはずなので、釘を曲げられない仕組みを作るのが落としどころだと感じました。

 

問題は酷いボッタクリだった牙狼コレクションより出玉率が改善するかどうかです。

今回はジャグラーを意識した作りとなっていますが、それなら設定1でも出玉率が95%以上無いと打つ価値がありません。

笑点というビッグタイトルを使っている以上、長期稼働を意識した台のはずですが、楽しめる出玉率である事を祈ります。




トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ