サラリーマン番長2を打った感想

本当はシンフォギア2を打ちたかったのですが、打てるような釘が見つかりませんでした。

僕の地域はコロナの影響で休業云々はまだですが、全国的な流れを考えればもう時間の問題なのでホールも旧特定日だろうが遠慮なくブッコ抜いている状況です。

サイトセブンの全国出玉率評価を見ても打てる状況ではありません。

シンフォギア2はコロナ騒動明けの楽しみに取っておきますが、騒動が明けてもホールはまともに営業が出来るのでしょうか。

という話はさて置き、おそらく設定1のサラリーマン番長2を打ってきました。

この時期にパチスロを打っていたら「けしからん」とか言い出しそうな人も居そうですが、都内の除名の話、大阪の店名晒しの話、県境をまたぐ話は長くなるので、日曜か月曜に記事をUPします




サラリーマン番長2の感想

結論から言ってしまえば、ゲーム設計自体がイマイチという印象です。

過去にも同じことを書きましたが、番長2システム(初代まどマギ・初代サラ番)がウケたのは、純ボーナスではなく疑似ボーナスにする事により、AT(ART)中に「ゲーム数解除のボーナス」という要素を追加する事で既存のA+ART機との差別化が出来たという部分が肝となります。

今回のサラ番2は通常時初代と似せてAT中は別のゲーム性だと意味がありません。

6号機だと完全再現できないのは重々承知しておりますが、打っててピンと来ませんでした。

番長ボーナス中はリゼロのように3回突破タイプです。

突破する毎に+5Gで継続率を上げることが出来ます。

北斗天昇みたいにバトル毎にリセットされないのはGOODです。

その結果、突破率は赤7でも40%以上はあるそうで、リゼロや北斗より出玉性能が減っても丁度いいバランスだと感じました(オーバーロードの赤7よりも全然やれる気がしますし)。

AT中

頂スラッシュへの突入が鍵となりますが、残り枚数により高確率を付けてしまって、出来レースぽくなっているのが残念です。

出玉分布を平たくするための措置なんでしょうけど、個人的には打ってて熱くなれません。

限界突破しても超が付かない方の決算ボーナスなら(・・? ホヘっとなります。

コロナウイルス騒動が無ければ・・・

高設定なら面白いのは当たり前でしょうし、設定判別をしながら打てばまた評価が変わるかもしれませんが、「設定なんてしーらない」という感覚で打つ人は厳しそうです。

ひょっとしたら「HEY!鏡の方が面白かった」と感じる人も居ると思います。

コロナウイルス騒動がなければ「6号機に絶望した」みたいな騒ぎになったかもしれません。

個人的には初代サラリーマン番長をあまり評価してないのでアレですが、サラリーマン番長を好んで打つ人は大事故を求めて打っているでしょうから、今回の台は厳しいと感じました。

結論、抱き合わせである「いろはに愛姫」が打ちたいので、ボッタ店長様、稼働再開をよろしくお願いしますm(_ _)m





この記事を書いた人

メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。
業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」




ぱちとろ速報

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ