北斗天昇の独自分析情報を垂れ流す人たちにホール関係者が激怒した件

パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋様の
【S北斗天昇】スロット新機種を速攻で解析してSNSで拡散させるクソボケ連中とエナ専のゴミクズ共、よーく聞け!【寄稿】
という記事がTwitter上で物議を醸しておりまして・・・

記事要約
北斗天昇導入早々に自己解析してSNSで拡散させるクソボケ連中とエナ専のゴミクズ共のせいで購入した店舗は迷惑している。氏ね。

 

・Twitter上での反応

山本さん、そういうしょーもないイキリをするから、コンサルとして薄っぺらく見えて仕事が減るのだと思いますよ・・・。

それはさて置き、上記の記事がいい感じで炎上しておりまして、アクセス数もそこそこあったそうです。

 

ウチも「炎上系シブター」という方に寄稿して頂いた事にして、好き勝手書いてみようかな(・∀・)。

 

読者「お前はいつも好き勝手書いているだろ、氏ね」

 




個人的な意見としては

くろっくさんが言う通り、僕の地域も新台2日目から「今回の北斗は大丈夫?!」というくらい空席があったので、台の出来の問題も少なからずあったと考えております。

関連

 

とは言え、僕のようなハイエナ乞食が想定外に勝ったため、結果としてホール全体の粗利が少なくなったのは間違いありません(空き台を適当に打つ一般客の勝率&再投資率が減るため)。

ホール関係者の方々も色々な意見があるのはごもっともだと思います。

ただ、データの分析やハイエナ打ちはルール上問題なく、真っ当なギャンブルの胴元をやっているなら「プレイヤー側が悪い」という結論にはならないはずです。

 

今後心配されるのは

「じゃあ分析されないように、データを隠しちゃお」と考える事でしょう。

それは最悪の選択だと言えます。

パチンコ業界はユーザーから信用を失う事ばかりやっているわけですから、今よりも情報開示が必要です。

ブラックボックス的な台が登場しても、ユーザーは5号機を打つだけ。

リゼロにしろ北斗天昇にしろ、メーカーが解析を出すタイミングより早く情報が出回っているわけですが、本来なら解析が出たからといって稼働が下がるわけではありません

寧ろ稼働をテコ入れするために解析情報を公開します

結局は勝つか負けるかのギャンブルであり、その過程でユーザーにどう感じさせるかがメーカーの腕の見せどころです。

 

サミーとしては今回の北斗の結果をどう受け止めたのか解りませんが、次の台は「ユーザーが独自に集計する」事を前提にして作り込んで欲しいと思います。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ