パチンコ店休業から一転再開へ?!

政府の緊急事態宣言を受け、対象地域のパチンコ店の多くが休業を選択したものの、休業要請は2週間見送れだそうです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言を巡り、西村康稔経済再生担当相が対象地域となった7都府県知事とのテレビ会議で、休業要請を2週間程度見送るよう打診したことが8日、関係者への取材で分かった。感染者数の多い東京都の小池百合子知事は異論を唱えた。地方が休業要請を受けた損失補償を求めるのに対し国は拒否。双方の足並みの乱れが表面化しており、終息に向けて宣言が期待通りの効果を上げられるかどうか問われそうだ。
出典:https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/

 

それに伴って、早くも営業を再開するホールがあります。

緊急事態宣言前に出ていた情報はあくまで「案」でしたし、

 

神奈川県知事によると「自粛要請は元々2週間後にやるのが規定路線」だったそうです。

黒岩神奈川知事、都の方針「理解できない」 新型コロナ対策で

 

ただ、こんなミスリードを誘う詐欺師の手法でやっていては、指示系統としての統率力の低下は避けられません

今後に大きな影響が出るやり方だったと言えます。

個人的には一番最初の記事で書いた通り

 

「パチンコ店の休業の有無は他の娯楽施設と足並みを揃える事で、極力目立たないようにして余計な炎上を避けるのが重要」

という考えですが、他の娯楽施設も対応がまちまちな状況です。

そのため、自粛しているホールと自粛してないホール、どっちがどっちだと今回は言及しません。

でも、この状況で一番大事なのは業界としての意思統一です。

個別の法人が、政府や地方自治体や行政機関と話をするなんて現実問題無理なのですから、まとまってやるしかありません。

組合などの会議が開けないなら、オンラインでやればいいです。

ZoomやMicrosoft Teams、LINEPCといったツールを使ってTV会議なんかしなくても、会議なんて文章チャットで出来ます




最初の記事にも書きましたが

都市部でコロナウイルスの感染率が圧倒的に高いのは、交通の問題だと個人的には考えます。

それが改善されない限り、コロナ収束は長引くと見ています。

公共の交通機関が危ないのは、最初の記事だと「中国人観光客が居るから」という理由でしたが、それ以降もろくな対策をしてません。

パチンコ店を消毒して、駅構内(密集通路)や電車を重点消毒してないとか頭がおかしいと思います。

そして驚く事に、都内におけるタクシーの売上は半分以下になっているそうです。

タクシーって窓を開けて走れるわけで、客がドアノブに触れる事も無いですし、シート回りだけ気をつければ安全なはずなのですが・・・。

業務上テレワークが出来ない企業はタクシー通勤に切り替わると思ってました。

 

都内の電車も先週あたりからようやく窓を開けて走るようになったそうなので、状況が改善されるのかもしれませんが、どうなるでしょうか。

とにかく一般人に出来る事は

・鼻から空気を吸い込んで感染するリスクがある場所には行かない

・ウイルスが口から入る可能性を徹底排除する

だけです。

後者を徹底すれば外食すら出来なくなるのですが、信用出来る店しか行かない方がいいでしょう。

テイクアウトや宅配も、レンジで再度温めて下さい。

また、スマホ操作時にウイルスが付着する可能性も十分ありますので、そこまで意識した手洗いをした方がいいです(スマホをこまめに消毒出来るならいいのですが)。

 

コロナウイルス対策はやりだしたらキリが無いですが

これだけ多くの人が感染しているという事は、ネット情報の対策では不十分である事を意味します。

自分自身の身を守るため、コロナ対策で見落としがないか?考えてみて下さい。

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ