オンラインサロンブーム第2波到来のようで・・・

コロナ第2波みたいなタイトルでアレですが、

「3万円で会いに来てくれるコンサル?!」

でお馴染みの林ひでき先生がオンラインサロンを始めたそうです。

 

普段のコンサル業務をオンラインサロン化して、それを参加者全体で情報共有するメリットを考えれば、ごく自然な流れかと思います。

そしてGA青山先生も興味を持たれたようで・・・

 

パチ関係のコンサル業務というのがよく解らないのですが、このコロナ禍でパチスロライター・演者だけでなく、コンサルさんも新たな金稼ぎを見つける必要があるのは当然かと考えます。

 




 

ちなみにですが、並ばせ屋山本さんはTwitterもyoutubeも1ヶ月近く止まっております。

 

お元気だといいのですが(´・ω・`)。

パチスロライターによる競馬サロン

気が付かなかったのですが、パチスロ必勝本のKEN蔵さんが競馬のオンラインサロンを立ち上げたそうで。

出典:https://lounge.dmm.com/detail/2505/

僕は昨日こういうツイートをしましたが、

競馬って素人がやってもビックリするくらい勝てないです。

 

KEN蔵さんも到底勝てるレベルではなく、サロンの内容も「競馬を楽しもう」という趣旨となっています。

それはいいのですが、気になったのはサロンの販売文に「外厩情報を載せる」とある点です。

競馬に詳しい人ならアレ(・・?となるでしょう。

外厩というのはJRAの管轄外で馬の調教を行う施設です。

そのため基本的にはJRAと関係なく、オフィシャルで情報を公開していません。

一般人では調べようがなく、JRDBという組織が販売している情報ですが、それをコピペ掲載して金を取るとか、法的に大丈夫なのでしょうか。

大きいレースだと外厩情報が某ブログで無料公開されていますが、この人はJRDBの関係者で、データ掲載の許可を取っているはずです。

競馬を楽しむサークルとは言え、商売をするなら中級者レベルの知識は最低限必要だと考えます。

 

そもそもKEN蔵さんはパチスロだと勝ちキャラでした。

パチスロで食えるかどうかは別として、今も収支プラスくらいなら楽勝のはずです。

競馬なんてやらずに、パチスロの勝ち方や楽しみ方を学ぶオンラインサロンの方が100倍いいと思うのですが・・・。

パチスロの勝ち方も楽しみ方もろくに伝えられないから遊び人ギルドとか名乗っている所より、全然濃いサロンが出来るはずですよ(・∀・)消されそう

ちなみに僕がオンラインサロンを開設する予定はございません。

でも、ゲスト講師は承っております。

遊び人ギルドのバーベキューオフ会開催時に鉄板の上で焼かれる仕事のオファーは近々入るかもしれないで、その時は皆様助けて下さい。

 

それはさて置き

オンラインサロンは今後も増えるはずです。

ファンクラブ的なモノになるのか、学び系になるのか、何か行動を起こす系になるのか、

人それぞれでしょうけど、問題は毎月金額に見合った価値を提供できるかです。

そんな簡単なモノじゃないと僕は知っているから、オンラインサロンを直接立ち上げる気はありません。

さて、どのサロンが最初に崩壊するでしょうか(・∀・)。

 

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ