上場会社がオンライン実機パチンコサービスを始めると発表

東証2部のサイバーステップがオンラインでパチンコ実機を操作するゲームを開発して株価が一時ストップ高となりました。

サイバーステップ<3810>はストップ高している。同社はきょう、オンラインで本物のパチンコ・パチスロを遊ぶことができるサービス「オンパチ」のオープンベータテストを開始したと発表。これが株価を刺激しているようだ。

「オンパチ」は、パソコンのブラウザからオンラインでパチンコ・パチスロの実機をいつでもどこからでも遊ぶことができるサービス。オープンベータテストでは無償で特定のパチンコ台をプレーでき、今後さらに多種多様な機種のラインアップを増やす予定だとしている。

出典:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201911010554

 

ベータ版は既に立ち上がっています。

https://onpachi.cyberstep.jp/

試し打ち報告がTwitterに上がってました。

あくまで実機なので壊れる事もありますよね(^o^)ベータ版とは言え初日から大丈夫?!




アミュライブのパクリ

類似サービスである、アミュライブの閉鎖を先日お伝えしました。

 

コメント欄より情報を頂いたのですが、閉鎖の直接的な理由は台風で千葉のメイン倉庫がやられたからだそうです。

水害で配信環境ごと全滅したとの事。

そのため、台風が来なければ閉鎖して無かった可能性があります。

 

記事では「アミュライブは5年早かった、5Gの通信規格が普及すれば同じようなサービスはまた出てくる」と解説しましたが、このタイミングで参入してくるなら、今でも商売の見込みが立っているのかもしれません。

 

ちなみに、オンパチが景品交換出来るかどうかは現段階で不明です。

ただ、サイバーステップ社はオンラインクレーンゲームもやっています。

取れた景品は送料を払えば送って貰えます

参考動画

 

アミュライブは「客を建物内入れないので、風営法に当たらない」という解釈を確認して営業していました。

おそらくオンパチも同様の解釈をして、ゲーセンより高い景品を出して来るのではないでしょうか。

今後の展望

パチスロの場合はリールをストップさせるのに通信タイムラグの問題がありました。

しかし、パチンコはタイムラグがあっても何とかなります。

ホールで遊べない過去の名機があれば話題になるかもしれません。

更にパチンカーの心を揺さぶる景品を揃える事が出来るなら、成功の目はあるでしょう。

アマゾンギフト券に関しては法的にグレーのようですが、オリジナルパチグッズ路線もイケるはずです。

パチンコ業界としてはこういう動きに注視しておく必要があると思います。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ