パチスロ鉄拳4が面白くない理由を解説

鉄拳4、ちょくちょく打ってましたが、「こりゃ駄目だなあ・・・」と感じました。

具体的に駄目な点を挙げれば

・出玉設計

・筐体

の2つです。

今回はそれについて解説します。

出玉設計

1,CZに入れましょう
2,疑似ボーナスに入れましょう
3,バトルボーナスに入れましょう
4,デビルバトルに入れましょう
というフローなのですが、全体的に見てイマイチでした。

 

やりたい事は分かります。

ボーナス高確率や鉄拳チャンスなども絡めて、出玉へのルートを色々作る事により「ゲーム性に厚みを増したい」という思想で設計したはず

しかし、色んなルートを経由しても「バトルボーナスがゴール」という扱いであり、
そのバトルボーナスが「出玉獲得へのゴールになってない」のが問題です。

バトルボーナスは自力タイプなのですが、勝率を高く設計してないのでバランスが悪くなっています。

ベルを連続で引いてもこちらが大して攻撃せず、リプや3枚役を引くと相手はコンボをかましてきて、イライラMAXです。

これなら、
・初当たりは全てバトルボーナス
・勝てば疑似ボーナス
・疑似ボーナス中は次回バトルが有利となる要素を抽選
・突破するのに苦労するのは初回だけ
という仕様の方がまだマシだったと思います。

また、「天井が1000Gでバトルボーナス2連以上」という設計も時代遅れのように感じました。

コイン持ち・有利区間の観点から、5号機と同じバランスで作るのは間違いです。

これだと天井を目指すゲーム性になってしまいます。

6号機のバランスを考えれば、天井は777でCZ確定くらいで十分なはずです。

筐体も駄目

三面鏡という名の仏壇筐体。

このメリットを感じませんでした。

鉄拳4に限った話ではなく、必殺仕置人などの仏壇にも言える事です。

「コインサンドが使いにくくなる」などのデメリットの方が大きいかと思います。

ガルパンGなどに使われているアタックビジョンもそうですが、無意味な液晶の追加はヤメた方がいいでしょう。

視界に入ってこない部分の演出をいくら頑張っても意味がありません。

 

今はSNS映えと申しますか、LINEも含めて写メを撮る時代です。

鉄拳4はそこを意識していません。

実際、Twitterにあがっているのは、こんな写メでした。

 

3面鏡を付けることによって、リールと液晶を1枚の写真画像に収めるのが難しくなるわけです。

 

現時点での正解は
バジ絆のような「ミニリール」
もしくは、
リゼロのような「ドーナツ筐体」
となります。

といった感じで、遊技者から見て真正面の演出を徹底的に追求する事が正解のはずです。

 

以上、鉄拳4が駄目だと思う理由の解説でした。

 



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
日本一、クレームの多いパチスロブロガー。 業界からの圧力で何時潰されるか解らないので、今のうちに他の記事も読んでやって下さい。
「当ブログの新着・トップページへ」






スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ