スクラッチ宝くじのやらせ番組問題について

テレビ朝日の番組でヤラセが問題になっているそうです。

 月曜日のゴールデン帯に概ね隔週で放送される「10万円でできるかな」(テレビ朝日系)は、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンをレギュラーに起用した人気バラエティである。キスマイとゲストらは、資金10万円を元手に試行錯誤し、その様子をスタジオのサンドウィッチマンが盛り上げる……という趣向だが、そんな番組の根幹を揺るがすヤラセが発覚した。

***

ヤラセが明るみに出たのは、番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジ。ナンバーズ、スクラッチなどを購入し、どれだけ当たるかを検証するというものだが、実際は10万円の数倍の資金が費やされていたという。

「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」

と証言するのは、昨年7月15日に放映された「スクラッチ宝くじ削り旅」回でやらせに加担した番組関係者である。この時は東山紀之らのゲストチームとレギュラーのキスマイチームがそれぞれ5万円のくじを買い、当選額を比べるという企画だった。

この関係者がスクラッチ削りを指示された理由はというと、

「削り続けるうち当たりがおのずと見えてくる。つまり、全部を削る前にどこにどの柄が出たら当たりになるかという“法則”が見つかるのです」

あとは法則に関わる箇所だけ処理して、当たりと分かるくじは削る余地を残したうえで、撮影用に“ストック”していたという。こうした仕込み作業には、本来の資金10万円の数倍の額が注ぎ込まれたという。

もっとも出演陣に対しては、

「『手間を省くため途中まで削っておきました』と、当たりが確実な“ストック”と、買ったばかりのくじとを差し替えていたのです」

というから、キスマイやサンドの2人には、こうしたからくりは知らされていなかったようだ。

テレビ朝日広報部は週刊新潮の取材に対し、

「『スクラッチくじ』企画については、削るマークが9つ前後なので当たりに一定の法則があるのではと推論し、そのシミュレーションとして10万円以上のくじを購入したこともありましたが、既にスクラッチを削ったくじを番組収録に使用することはできません」

とヤラセを否定。だが、本来の企画の趣旨に照らせば“法則を見つけるシミュレーション”などする必要はなく、苦しい言い分である……。
出典:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/02121659/?all=1

スクラッチくじとか買うとかw

この番組、見たことないのですが、おそらく宝くじのステマ広告放送なのだと思います。

宝くじってボッタクリなのは皆さん知っているはずですが、スクラッチは特にボッタクリです。

払い戻し率が何と40%を切る事もあります

 


出典:http://million.rash.jp/2019/04/3502

 

この払い戻し率で番組を作ろうという発想が無謀過ぎます。

記事にある
「スクラッチ宝くじ削り旅」
とかヤラせが無いと企画として成り立ちません。

 

でもどうして、スクラッチってこんなにボッタクリなのでしょう。

宝くじがボッタクリなのは「払い戻し段階で税金が引かれているから(非課税)」だと思うのですが、スクラッチで1等10万円が当たったからといって税金が数万になるわけではありません。

そのため、関連法律を変えて払い戻し率を上げればいいのに・・・と思います。

 

1等10万円程度なら払い戻し率を90%にしても、運営元の総利益は殆ど変わらないでしょう。

当てた金額の一部は宝くじの再購入に使われるでしょうし、満足度も上がるからです。




詐欺師の手法

ちなみに、今回の件はギャンブル界隈において詐欺師がよくやる手法です。

沢山買っておいて、当たったものだけ見せればいい

凄く単純な手法なのですが、令和になっても騙される人が多いので相変わらず使われています。

関連:

パチスロ界隈でも、収支や高設定ツモなどを偽装するのは簡単です。

谷村先生の手法は流石に令和に入って通じなくなったのかもしれませんが、証明しようがない実績を書いて有料NOTEを売っているケースを見かけました(何処の誰とは言いませんが・・・)。

パチスロ界隈で「有料NOTEの中身が詐欺同然の内容だった」という話はまだ聞かないものの、プロモーションでも法律とモラルを十分守って欲しいです。

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。
スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ