AT突入時の大半が完走、コイン単価4円の「青鬼」は流行るのか?!

超荒波スペックで登場でざわざわしていたオリヘイの「パチスロ青鬼」のゲーム性が判明しました。

通常時はリゼロとほぼ同じような感じです。

444Gの周期抽選となります。

白鯨は5体で、444G消化する間にどれだけ減らせるかが勝負の鍵です。

444G消化後に白鯨攻略戦となり、残りの白鯨を倒せばごちそうさまでした。


出典:https://www.olympia.co.jp/newmachine/ps_aooni/normal_time.html




ATは160枚の疑似ボーナスが連チャンする仕様で、ストックなどを含めて5連するとエンディングを迎えます。

エンディング中に2000枚チャンスの抽選があり、更に2400枚チャンスがあるそうです。

 

AT中は、一連の条件の突破率が高いので、完走率が高くなっています。

数字だけ見ると「外すほうが大変」のように見えますが、外れる時は外れるでしょう(当たり前)。

リゼロタイプ

リゼロを更に荒くした感じです。

僕は「リゼロは不特定ゲームの周期抽選」だと思って打っているので、この仕様は全然OKですが、「毎ゲーム抽選しないのはパチスロじゃない」という人も一定数居ますので、好き嫌いが分かれると思います。

リゼロの駄目な部分を挙げるなら「ポイント残しがもったいないので、白鯨攻略戦に当選して欲しくない」という中途半端な気持ちになる事だと思うのですが、この台はそこをどう改善しているでしょうか。

大量獲得

個人的には魅力を感じていません。

こういうギャンブル性の高さを煽っても、公営ギャンブルには勝てないからです。

ただ、公営ギャンブルをしない人も沢山いるからこそ、波が荒過ぎる台にも一定の需要があります。

 

個人的にポイントだと思っているのは、2400枚規制がある事です。

ドリームジャンボは閉店で取り切れないゲーム数上乗せを煽ってましたが、青鬼は現実的に取り切れます

いい方に偏れば低設定でも万枚は現実的にありそうです。

ここを打ち手はどう評価するでしょうか。

 

ただ、高確率で2400枚出ると事前情報で煽っちゃっているので、完走しないときのガッカリ感がハンパないかもしれません。

「完走率は最大でも50%以下にした方が良かったのでは?!」と個人的には考えています(高設定は完走しないのでしょうけど)。

追記:スペック詳細出ました。

厳しそう・・・

6号機 6段階設定 高純増AT機

・AT

純増 約8.0枚

1set 20G

第一停止目押し必要

セットストックタイプ

Vストック獲得ゾーンスタート

5セット継続でエンディング

約94%でフリーズし演出発生 失敗時はAT終了

演出成功で2400枚完走確定(成功率約94%)

・通常時

ポイントを減らして捕食チャンスへ

5人全員捕食すればAT

444G到達でCZ(ラストジャッジ)

残った人数を50%以上の確率で捕食

・スペック詳細

CZ/出率

設定1 1/444.1 97.4%

設定2 1/440.8 99.0%

設定3 1/438.4 101.1%

設定4 1/427.7 105.5%

設定5 1/409.0 108.5%

設定6 1/392.6 109.7%

・千円ベース 約52.1G

設定1想定数値:

・コイン単価 約4.0円

・平均TY 約1907

・平均MY 約3528

・AT実質確率 約1/2400

・1000枚到達率 約85%

・2000枚到達率 約75%

※設定が上がる毎にAT実確が軽くなりTYが下がっていく

設定6 AT実確約1/400 平均TY約470
出典:https://ameblo.jp/modeone/entry-12560430527.html

トップページのホーム画面登録をよろしくお願いします。 スロとろ特盛TOPへ

スロットブログ村
↓↓↓ここよりいいブログ沢山あります↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ